浄水器のよくある質問/他社の逆浸透膜浄水器とどう違うのですか?

TOPページ
浄水器設置事例

アクア・カルテック株式会社
【本社】
〒264-0016 千葉県千葉市若葉区大宮町3092-1
TEL:043-209-3741
FAX:043-208-4731
【福岡営業所】
〒811-0214 福岡県福岡市東区和白東3-8-8
TEL:092-606-1919
FAX:092-606-7688


TOP > よくある質問 > 他社の逆浸透膜浄水器とどう違うのですか?

他社の逆浸透膜浄水器とどう違うのですか?

多くの逆浸透膜浄水器のメーカーは他国で販売されている浄水器をそのまま輸入して販売しています。弊社では日本独自の残留塩素濃度の高い(米国の7〜8倍程度)水質や、井戸水の性状に合わせた浄水器の商品開発を行っており、お客様に長くご愛顧頂ける様、常に努力しております。

除去性能は逆浸透膜浄水器であれば価格の違いによらず除去率はほぼ同一と言ってよいでしょう。但しプレフィルターの構成を安易に考えたり、メンテナンスを怠れば耐用年数には大きく差が出てくるものと考えています。価格設定の低い浄水器メーカーは売り切りの販売形態をとり、フィルター交換を含めたメンテナンス等、長く良い状態で浄水器をご利用頂く為の説明とメンテナンス態勢が整っていない所が多い様に見受けられます。また価格が弊社の浄水器の2倍、3倍するような販売者も訪問販売や説明会商法的な販売者が多く、2〜3年で業者が姿を消し、弊社へ浄水器のメンテナンスをご依頼になるお客様が多くいらっしゃいます。

同じ逆浸透膜式でありながら浄水器の販売価格差が非常に大きいのは注意すべき判断基準と言えるかも知れません。

逆浸透膜フィルターの製造メーカーの違いについて
浄水器に使われる逆浸透膜の膜自体は米国デュポン社で製造されているものが主だと聞いています。それをフィルター状に加工する会社が米国フィルムテック社、オスモニクス社、韓国のCSM社等があります。フィルター状に加工するのは技術力が必要なのでメーカーによって除去率に差があるとも言われますが、前記3社については弊社でもそれぞれ除去性能試験を行っていますが、除去性能について明確な差はありませんでした。弊社ではフィルムテック社の逆浸透膜フィルターを使用しています。
★資料請求・お問い合せの窓口
TEL:0120-583-741 (受付時間:平日09:00〜21:00/土日祝祭日10:00〜17:00)
FAX:043-208-4731 (24時間受付)
資料請求・お問い合せフォームはこちら

トップページへ戻る

逆浸透膜浄水器のアクアカルテック