浄水器のよくある質問/逆浸透膜では他の浄水タイプと比べてどれくらい汚染物質を除去することができますか?

TOPページ
浄水器設置事例

アクア・カルテック株式会社
【本社】
〒264-0016 千葉県千葉市若葉区大宮町3092-1
TEL:043-209-3741
FAX:043-208-4731
【福岡営業所】
〒811-0214 福岡県福岡市東区和白東3-8-8
TEL:092-606-1919
FAX:092-606-7688


TOP > よくある質問 > 逆浸透膜浄水器では他の浄水方式と比べてどれくらい汚染物質を除去することができますか?

逆浸透膜浄水器では他の浄水方式と比べてどれくらい汚染物質を除去することができますか?

他方式の浄水器との大きな違いはイオンレベルの大きさで存在している溶解性(浮遊しているのではなく、完全に水に溶けている物質)を95%以上の高率で分離除去出来るところにあります。水中のイオン(電解質)単体の原子1個と同じ大きさですから、自然界では最小の状態です、一般的な浄水器はこの様なイオン性物質について殆ど除去する事は出来ません。

トップページの動画「コーヒーを真水に戻す浄水器」をご覧頂くと判りますが、逆浸透膜浄水器はコーヒーを透明な水に浄水出来ますが、日本のトップメーカーの中空糸膜タイプ浄水器は浄水にコーヒーの色が残ったままです。

ここでコーヒーの色の成分と同様の大きさの不純物が除去できる浄水器か出来ない浄水器かの区分けされるのですが、例えばヒ素やマンガンに汚染されている井戸水に黒や黄の色が付いている訳ではありません。完全に水に溶けている有害物質は色として現れないほど小さな物質です。

コーヒーの色すら除去出来ない浄水器は当然、イオンレベルの大きさで存在する有害物質を除去出来ません。

国内の第三者機関で浄水器除去性能試験を行っておりますのでどうぞ御覧下さい。

浄水方式の選択はお客様がどのレベルの水を求めているかによります。「水道水は安全である」という前提に立って、「嫌な味や臭いを改善する」、「遊離残留塩素を無毒化する」事が目的でしたらホームセンター等で購入できる簡易型の浄水器で充分ですし、その先のレベルで「有害ミネラルの除去」や「硝酸性窒素の除去」、「千種類以上と言われる環境ホルモンへの対応」と、より安全性を求めるなら逆浸透膜浄水器必ずお客様のご期待に応えられる浄水器です。

浄水器タイプ別性能比較表をご覧下さい。
★資料請求・お問い合せの窓口
TEL:0120-583-741 (受付時間:平日09:00〜21:00/土日祝祭日10:00〜17:00)
FAX:043-208-4731 (24時間受付)
資料請求・お問い合せフォームはこちら

トップページへ戻る

逆浸透膜浄水器のアクアカルテック