浄水器のよくある質問/ミネラルまで除去してしまう逆浸透膜浄水器は体に悪いと聞いたのですが?

TOPページ
浄水器設置事例

アクア・カルテック株式会社
【本社】
〒264-0016 千葉県千葉市若葉区大宮町3092-1
TEL:043-209-3741
FAX:043-208-4731
【福岡営業所】
〒811-0214 福岡県福岡市東区和白東3-8-8
TEL:092-606-1919
FAX:092-606-7688


TOP > よくある質問 > ミネラルまで除去してしまう逆浸透膜浄水器は体に悪いと聞いたのですが?

ミネラルまで除去してしまう逆浸透膜浄水器は体に悪いと聞いたのですが?

逆浸透膜式の浄水器は確かにミネラルも除去してしまいますが、ミネラルは体に良いモノばかりではありません、体に必要とされるカルシウム、マグネシウムだけでなく人体に有害な水銀、砒素、マンガン、カドミウム等もまたミネラルです、有害ミネラルですが。

水中に同じ大きさで存在しているミネラルを有害無害で区別して浄水器で除去する事は出来ません。全て除去するか、全て残すのかの選択になります、有害ミネラルも除去してしまう逆浸透膜浄水器を悪者に仕立て上げているのは、ミネラルの様な極小有害物質は除去できない浄水器の販売者です。

ではミネラルが重要だと主張する浄水器メーカーの言う水道水に含まれるミネラルってなんなのでしょうか?雲の中に貯えられている水は蒸留されていますので非常に純度の高い水です。この水が山に雪として降り積もり雪解け水となり河川の源流水となります。源流域に近い水はミネラルの含有率は非常に低い状態です。湧き水と違い、河川など表層水のミネラル濃度は上流域に於いて非常に低い、軟水の水となり、実は逆浸透膜浄水器の純水に非常に近い水です。それが河川の下流域つまり都市部に行くとミネラルの量は増えて行きます。このミネラル増加の原因となるのは主に上流域の下水です。一部の浄水器のメーカーが主張するミネラルはあまり体に入れたくないミネラルではないでしょうか。

ミネラルウォーターには良いイメージのカルシウムやマグネシウムの成分表示はしても悪いイメージのあるミネラルは当然表示しません。自然の物質だから即ち安全と考えるのはいささか早計です、ヒ素やカドミウムも自然にある物質です。ミネラルについての詳細と弊社の見解を下記に記します。

ミネラルがなければだめ?

また「逆浸透膜浄水器の純水は浸透力が強すぎて体に悪い、飲めばたちどころに下痢をしてしまい、体をこわしてしまう。」「浸透力が強すぎて赤血球を破壊してしまう。」「純水で歯がボロボロになる」と言った俗説もまことしやかに流布されています。

そんな水を造る浄水器が商品として販売出来る訳がありません!米国で1件でもそんなことがあれば訴訟沙汰です。

有害ミネラルを除去する事が出来ない浄水器のメーカーや販売者が、ミネラルの無い水は体に良くないと喧伝したり、逆浸透膜のピュアウォーターは不味い水と著名人まで担ぎ出してPRしているケースも目にします。それだけ日本での浄水器のマーケットが大きく、逆浸透膜を貶めてでも既得権(=楽して儲かる浄水器)を守ろうと躍起になっていると言う事でしょう。出る杭、浄水器は打たれると言うことですね。

海外に目を向ければ逆浸透膜浄水器は非常にスタンダードな浄水器です。有害ミネラルを除去出来ない浄水器メーカーの浄水器の水は商品となり得ませんが、逆浸透膜浄水器を利用したピュアウォーター(=純水)は米国、東南アジアの国々でボトル詰めされ店頭で販売されています。

日本でも清涼飲料水の原水に使用されたり、身近なところではスーパーの店頭に設置された浄水機の純水の無料配布が人気を博していますが、大手スーパーが選択する浄水方式は科学的なデータに裏付けされた逆浸透膜式浄水機のピュアウォーターです。

万が一にも健康被害を起こす様な浄水器であれば、この様に使われる事もありませんし、何より安全基準の厳しい米国で1件でも健康被害があれば少なくとも浄水器へ注意書きが添えられるでしょう。「ピュアウォーターの飲み過ぎはあなたの健康を害する事があります。」と、もちろん弊社の逆浸透膜浄水器にはその様な注意書きはありません。

詳しくはミネラルの話をご覧下さい。
★資料請求・お問い合せの窓口
TEL:0120-583-741 (受付時間:平日09:00〜21:00/土日祝祭日10:00〜17:00)
FAX:043-208-4731 (24時間受付)
資料請求・お問い合せフォームはこちら

トップページへ戻る

逆浸透膜浄水器のアクアカルテック