浄水器/ミズピュアセレクト/ACRT-550MPS

TOPページ
レンタル商品紹介
浄水器設置事例

アクア・カルテック株式会社
【本社】
〒264-0016 千葉県千葉市若葉区大宮町3092-1
TEL:043-209-3741
FAX:043-208-4731
【福岡営業所】
〒811-0214 福岡県福岡市東区和白東3-8-8
TEL:092-606-1919
FAX:092-606-7688


TOP > 商品紹介 > 浄水器/ミズピュアセレクト/ACRT-550MPS
浄水器/ミズピュアセレクト/ACRT-550MPS
永く変わる事のない信頼の基本設計、5段階フィルター、 電動増圧ポンプ装備、貯水タンク10.5リットル、 逆浸透膜浄水器のスタンダードモデル:ACRT−550MPSミズピュアセレクト、 逆浸透膜式の浄水器がグッと身近になる価格設定でお届けする、 アクアカルテック人気No1浄水器です。

ご家庭はもちろん、オフィス、小規模店舗まで様々な場面でお役に立つ逆浸透膜式の浄水器です。 (一日の使用量目安10〜30リットル)

浄水器の高性能はそのまま、厚さが5cm薄くなりました

逆浸透膜式の浄水器は一般的な浄水器に比較して段違いの除去性能を誇りますが、大きいのが難点です。逆浸透膜式である以上、多段階フィルターや電動ポンプなど基本装備を外す訳には行きませんから、浄水器本体を画期的に小さくする事は出来ません。

でも、あと5cm薄く出来ないかと考えていました、5cmにこだわるのは、近年、システムキッチンの収納形式が殆ど引き出し式となっているからです。貯水タンクは引き出し上に横置き設置するしかないのですが、あと5cm薄ければ浄水器の本体を引き出し奥のスペースへ設置出来る可能性が大きく広がります。

今までと同じフィルターが使える、汎用性を重視しました

単に薄く、省スペースだけを追求するならコンパクトサイズのフィルターを使用して浄水器を組み上げる事も可能ですが、アクアカルテックで重視しているのはフィルターや部品の汎用性です。特殊な形状のフィルターしか使用出来ない浄水器では、何らかの事情で製造元からの供給が途絶えた時、その浄水器は使えなくなってしまいます。どこでも入手出来る従来通りのスタンダードなフィルターや部品を使用出来る事が弊社製品開発の最優先事項です。

ご購入の場合

特価¥129,600−(消費税込み)

浄水器のご購入はこちら

レンタルの場合

浄水器 月額レンタル料金¥4,000−

レンタル対応地域:東京都、千葉県、神奈川県東部、埼玉県東南部、茨城県南部、福岡県及び福岡近郊地域(交通費加算が必要な地域がございます、詳細はお気軽にお尋ね下さい。)

浄水器設置事例

設置事例その1

浄水器の本体を引き出し収納奥、ひな壇状の上へ配置しています。 貯水タンクは引き出し上への横置き配置となります、 貯水タンクは横置きしても水漏れや機能上の問題はありません。

左側の給水管へ分岐パーツを組み込んで給水分岐を行います、 給水管から伸びている赤いチューブで浄水器へ給水を繋ぎます。 青いチューブはシンクトップの浄水蛇口へ、 浄水器から出る排水は黒いチューブで排水管へ直接繋ぎます。 逆浸透膜式の浄水器は水道水から30〜35%位の水分子を濾し取って純水を造り、 残りの不純物が濃縮された排水は浄水器の外へ連続的に排水されます、 これが95%以上の除去率を長期間、維持出来る分離膜の仕組みなのです。

設置事例その2

浄水器の本体を引き出し収納奥へ、貯水タンクを右側、引き出し収納上へ配置しました。
右側の蛇口が浄水器専用蛇口です、シンクトップへ直径12mm程の孔を空けて浄水蛇口を設置します。お皿洗いなどは既存蛇口(水道水/井戸水)で、お口に入る水は浄水蛇口で洗米から純水を使います。

逆浸透膜式の浄水器は高い除去性能と引き替えに浄水速度は非常にゆっくりで1分間に130ml〜150ml位、コップ1杯分位です、このスピードでは不便で使えませんので貯水タンクへ貯めて使います。貯水タンクには最大で10〜11リットル位貯水されていて、使った分を補充する様、浄水器が自動的に運転します。例えばお米を研いで半分使っても、おみそ汁を作る頃にはまた、満水になっています、ご家庭での煮炊きなら途中で浄水器の純水が無くなる様な事はまずありません。

設置事例その3

システムキッチンが観音開き扉のオーソドックスな浄水器と貯水タンクの配置です、スケール的な目安は一番大きな扉(幅45cm)、一枚分位のスペースへ浄水と貯水タンクを配置出来、手前にはある程度、収納スペースが残ります。

安定した除去率と造水速度を確保する電動増圧ポンプを標準装備

水道水圧が低い地域ではもちろん不可欠な装備ですが、高水圧地域でも浄水器に電動ポンプを装備する事で安定した除去率を確保する事が出来ます。 水圧が高い地域でしたら電動ポンプ無しの逆浸透膜浄水器でも使用する事が出来ますが、貯水タンクの貯水量が増えるにつれて、貯水タンクからの押し返しの水圧が上昇して浄水器の造水速度が下がってきます。

例えば原水圧5kgの場合、最初は5kgの水圧で浄水器は造水しますが、貯水タンクに浄水が貯まりタンク内の圧力が4kgに上昇したとすると、原水圧5kg−タンク圧4kg=1kgの水圧でしか造水出来なくなります。一方で排水は1分間に400ccなどのフローコントロールで一定量、排水されますので浄水に対する排水比率が上昇します。つまり造水量は少なくなっているのに排水は最初から最後まで同じ量が流れてしまう訳です。

排水量が多くなってしまうのも問題ですが、浄水と排水のバランスが崩れると除去率の低下を招きます、また、3.5kgを超える原水圧の場合は浄水器の想定運転水圧を超えてしまう為、貯水タンク内部にあるダイアフラムの寿命を縮めてしまったり、長期的に見ると浄水器の水漏れリスクを高める事になります。

アクアカルテックでは高水圧地域では減圧調整をして浄水器への給水水圧を下げ、電動増圧ポンプの理想的な水圧で浄水器を運転させる事によって安定した除去率、造水速度を確保し、浄水器の長期保全を図っています。

大容量10.5リットル圧力タンク

逆浸透膜式の浄水器はその高い除去性能を維持する為に、ゆっくりと時間を掛けて浄水します。その量は毎分コップ1杯ほど、そのため浄水器には水を貯水しておくタンクが必ず必要となります。 ミズピュアセレクトに標準装備されている貯水タンクは実効容量10.5リットル、5〜6人のご家庭でも飲料水から洗米まで調理水全般にご使用頂けます。浄水を使用すると、使用した分を自動的に補充し満水状態で浄水器は待機します。

貯水タンク内部には空気の入ったゴムボールの様なダイアフラムが内蔵されています、浄水器は、そのダイアフラムを押し縮める様に浄水を押し込んで行き、満水になると水圧の上昇を感知して浄水器は停止します。浄水器の蛇口を開栓するとダイアフラムが元の様に膨らむ力で浄水を蛇口へ押し上げます。

浄水器 仕様

  1. 5段階フィルター
    • 1st:5ミクロンセディメントフィルター
    • 2nd:高性能活性炭フィルター
    • 3rd:1ミクロンセディメントフィルター
    • 4th:逆浸透膜フィルター50GPD (FILMTEC社)
    • 5th:ポストカーボンフィルター
  2. 電動増圧ポンプ標準装備 100V(高圧スイッチによる自動運転)
  3. 4.4ガロン圧力タンク(空気圧式、実効容量約10.5リットル)
  4. 造水能力 189リットル/日(実測値)
  5. システム形状 W370mm×D145mm×H430mm
  6. タンク形状 φ285mm×H450mm

パッケージ内容

  • 浄水器 本体ACRT-550MPS
  • 4.4Gal圧力タンク
  • 浄水専用蛇口セット
  • 給水分岐パーツ(配管途中用)

まずはお気軽にお問合せください

「全部引き出し型のシステムキッチンは浄水器をどこに置けば良いの?」 「水道の蛇口とかはどうなるの?」 「うちはややこしい工事になるかもしれないけれど、 浄水器の取付工事費が高くなるの?」など、どんな疑問でも結構です。 まずはお問合せください。無料でお見積もりいたします。
★資料請求・お問い合せの窓口
TEL:0120-583-741 (受付時間:平日09:00〜21:00/土日祝祭日10:00〜17:00)
FAX:043-208-4731 (24時間受付)
資料請求・お問い合せフォームはこちら

トップページへ戻る

逆浸透膜浄水器のアクアカルテック