浄水器のよくある質問/なぜ高性能な逆浸透膜(RO)浄水器が日本で普及していないのですか?

TOPページ
浄水器設置事例

アクア・カルテック株式会社
【本社】
〒264-0016 千葉県千葉市若葉区大宮町3092-1
TEL:043-209-3741
FAX:043-208-4731
【福岡営業所】
〒811-0214 福岡県福岡市東区和白東3-8-8
TEL:092-606-1919
FAX:092-606-7688


TOP > よくある質問 > なぜ高性能な逆浸透膜(RO)浄水器が日本で普及していないのですか?

海外との水道事情の違いと日本の浄水器業界

日本と海外では水道事情が違っていました、日本の水道は安全でそのまま飲める事が前提ですから、より美味しく飲むために不快な臭気や残留塩素を除去することが浄水器の目的で充分でした。

一方、海外では水道水をそのまま飲めない地域も多く、ボトルウォーターの安全を買ってきました。安全のための浄水器ですから95%以上の除去率であるとか、確実な性能を持ったものでなければ浄水器としての意味がないのです。

最近では大型の逆浸透膜浄水器をスーパー店頭等に設置してピュアウォーターの無料配布をしたり、ピュアウォーターを大型のボトルに詰めた宅配の水もオフィスや店舗だけでなく、一般家庭にも利用者が増えてきました。

これも浄水器に確かな除去性能の裏付けあってのことです。でもそれらのピュアウォーターが逆浸透膜浄水器で造られている事を知っている方は未だ少数です。

食品工場などでは紅茶のペットボトルに「純水使用」とある様に、味ブレを防ぐ意味や不純物除去の為に非常に一般的に使用されています。家庭用としては認知度の低い逆浸透膜式の浄水器ですが皆さんの身近でも利用されているのです。

販売に手間が掛かる浄水器

日本で主流の浄水器といえば中空糸膜+活性炭の簡易タイプですが、少し高級な浄水器といえばテレビ番組でも盛んに紹介された、円筒形のメタルケースでできた浄水器など、高性能と言われるフィルターを金属製のケースに納め、水道圧力を利用してフィルターで濾過する浄水器が一般的です。

販売側から見ればこれは非常に売りやすい商品で有ることが判ります。設置後の管理も定期的にフィルターを販売するだけ、フィルター交換も大部分がお客様まかせとなります。

水道圧を利用してフィルターを通すだけですから浄水器の構造が非常に簡単、動作不良などのクレームも非常に少ないでしょう。「水道水は安全」という前提の元に嫌な味や臭いを改善するだけでしたら、この様な簡単な浄水器でも充分だと思います。

一方、逆浸透膜浄水器は4〜6本の多段式フィルターシステムと貯水タンクからなり、電動増圧ポンプ/満減水感知センサーなど浄水器の運転制御に様々な部品が装備されています。砒素、マンガン、カドミウム等有害ミネラルまでも除去する逆浸透膜浄水器を運転する為にはこれだけのシステムが必要となります。また、システム状態を維持する為にはアフターメンテナンスが欠かせません。

これが販売者側からみれば「手間が掛かって売りにくい」となるのでしょう。前述の単純な構造の浄水器の中心価格帯は15万円くらいです。しかし、その能力の大部分を担うフィルターの価格は高いものでも2万円位です。金属のケースと蛇口、ホースが13万円なのでしょうか?販売者の視線で見ればたくさんのユーザーさんがいるのがよく判る浄水器です。

売りやすいという事も商品の普及には重要な要因です。弊社の逆浸透膜浄水器は千葉市、熊本県八代市などの硝酸、砒素、ホウ素といった汚染地下水用の浄水器としても指定機種となっております。指定機種リストにあるのは他社様も全て逆浸透膜式です。素晴らしい除去性能を謳う単純な構造の高級浄水器はリストにありません。素晴らしい除去性能を謳いながら有害物質に汚染された井戸水にはNo!と言う浄水器、どこまで信じればいいのでしょう?

高額販売、廉価販売、メーカーによる様々な価格設定と販売方法

また普及を妨げている大きな要因として逆浸透膜浄水器を扱うメーカーの企業姿勢も消費者の方々を混乱させている要因ではないかと思います。インターネットが無い時代には情報はメディアからの一方通行で、個人が情報を探しに行くのは非常に困難でした。そんな中、外国から皆さんの知らない高性能な浄水器を持ってきて高値で販売しても、その価値を認める人がいればそれは正当な商売だったのかもしれません。

しかし現在の様にインターネットで自由に情報を探せる時代にあっては高性能な逆浸透膜浄水器と言えど30〜40万円と言った高額な値付けは難しいと思います。現在でも弊社ACRA−545P浄水器(¥155,400−)と同スペックの商品が37万円で販売されているケースもあります。実は弊社が浄水器の生産委託している同じ工場から出荷されていたりします。価格が高い事について様々な理由付けをしても、性能の問題では無く、訪問販売などの販売形態が原因です。

逆浸透膜浄水器であれば価格に関係なく出てくる浄水の質は大差ありません。最近では価格設定の高い浄水器メーカーの方はネット上から訪問販売、説明会商法へと活躍の場を移している様です。

また一方で価格設定は安価でも、製品特性上、必ず必要な浄水器のアフターメンテナンスについて説明が乏しかったりと、実に様々です。弊社でも、もっと安い部品を使って浄水器を組み上げれば現在よりも低い価格設定も可能でしょう、しかし、安価な部品には漏水等事故率の高いものも有り、ユーザー様の信頼を得る商品とする為には必要なコストもあると考えています。

この様に、いくら高い性能を誇る浄水器であっても高価格では普及できないでしょうし、売りっぱなしでは消費者の方の信頼を得る事が出来ません。

弊社ではお求め易い価格の逆浸透膜浄水器を目指し、かつアフターメンテナンス体制維持できる様、企業努力をしてまいります。

大手メーカーが何故扱わないのか?

政府が「水道水は安全です。」と宣言している以上、大手メーカーは逆浸透膜浄水器に手を出しにくいでしょう。水道水の安全性を否定する様な浄水器を開発しても、宣伝文句に困ります。

周知の事実となっているトリハロメタンや行政が認めている配管から溶け出る鉛などには対応する浄水器を販売していますが、基本的には「安全な水道水の嫌な臭いや味を改善する」ことが目的です。

大手メーカーが取り扱わない為、「逆浸透膜」という言葉もまだ一般化していません。一方で砒素や硝酸等、汚染井戸に対する処方箋として行政が補助金を交付する浄水器は、様々な言葉で素晴らしい除去性能を謳う浄水器ではなく、殆どが浄水性能を明確に数値で確かめられる逆浸透膜浄水器です。

除去性能データが示せなければ安全を守る浄水器としての意味が無いのです。性能を比較しより高い安全性を求めれば必ずROシステムにたどり着くはずです。
★資料請求・お問い合せの窓口
TEL:0120-583-741 (受付時間:平日09:00〜21:00/土日祝祭日10:00〜17:00)
FAX:043-208-4731 (24時間受付)
資料請求・お問い合せフォームはこちら

トップページへ戻る

逆浸透膜浄水器のアクアカルテック