浄水器のよくある質問/アクアカルテックの浄水器は日本で売られている高額な逆浸透膜浄水器と性能が違うのですか?

TOPページ
浄水器設置事例

アクア・カルテック株式会社
【本社】
〒264-0016 千葉県千葉市若葉区大宮町3092-1
TEL:043-209-3741
FAX:043-208-4731
【福岡営業所】
〒811-0214 福岡県福岡市東区和白東3-8-8
TEL:092-606-1919
FAX:092-606-7688


TOP > よくある質問 > アクアカルテックの浄水器は日本で売られている高額な逆浸透膜浄水器と性能が違うのですか?

アクアカルテックの浄水器は日本で売られている高額な逆浸透膜浄水器と性能が違うのですか?

逆浸透膜方式の浄水器であれば、メーカーよる除去性能の差は殆どないでしょう。実際に値段は浄水器の性能や仕様の差ではなく、販売会社によるマーケティング手法と価格設定のポリシーに拠るところが大きいと思われます。弊社の15万円クラスの商品に+訪問販売員10万円+紹介者10万円となれば=35万円以上になってしまいます。実際に弊社の米国委託工場から出荷されているほぼ同仕様の逆浸透膜浄水器が35〜40万円程度の価格で販売されています。マルチ商法や訪問販売、説明会商法等、高額の販売手数料を必要とする販売員を使った販売や、複数の代理店を経由しての販売だと浄水器の価格は当然高くならざるを得ません。インターネットで弊社が販売を始めてから30万円前後で販売されている方はウェブ上から訪問販売や説明会商法等に活躍の場を移している様です。

違いがあるとすれば、逆浸透膜を守る為に浄水器に備えられているプレフィルターの構成でしょうか、米国に較べ7〜8倍と残留塩素濃度の高い、日本の水道水に対応するにはプレフィルターの活性炭の性能が重要です。

プレフィルターで残留塩素を処理できなくなると、逆浸透膜表面のポリアミド樹脂を溶かし、浄水器の除去率を低下させてしまいます。弊社製品は海外工場で組み立てていますが、アンダーシンクタイプのプレカーボンフィルターには、より高性能を求めて日本製(フタムラ化学工業)の活性炭フィルターを採用しています。

30万円以上で逆浸透膜浄水器を購入された方からご質問を受ける事があります。「お宅の商品写真と同じに見えるのですがどう違うのですか?」と「金額の差違はございますが、逆浸透膜式の浄水器でしたら大きな差違はございませんし、除去性能は確かだと思います。」とお答えしています。
★資料請求・お問い合せの窓口
TEL:0120-583-741 (受付時間:平日09:00〜21:00/土日祝祭日10:00〜17:00)
FAX:043-208-4731 (24時間受付)
資料請求・お問い合せフォームはこちら

トップページへ戻る

逆浸透膜浄水器のアクアカルテック