逆浸透膜以外でも放射性物質が除去できると宣伝している浄水器もありますが?

TOPページ
浄水器設置事例

アクア・カルテック株式会社
【本社】
〒264-0016 千葉県千葉市若葉区大宮町3092-1
TEL:043-209-3741
FAX:043-208-4731
【福岡営業所】
〒811-0214 福岡県福岡市東区和白東3-8-8
TEL:092-606-1919
FAX:092-606-7688


TOP > よくある質問 > 逆浸透膜以外でも放射性物質が除去できると宣伝している浄水器もありますが?

逆浸透膜以外でも放射性物質が除去できると宣伝している浄水器もありますが?

逆浸透膜浄水器以外で放射性物質が除去可能とされている場合、これには3つ考えられます。

①水に完全に溶ける前の粒子の大きな放射性物質なら除去できる。
②濾材にイオン交換樹脂が使用されている、イオン交換樹脂が添加された活性炭などを使用している。
③蒸留式の浄水器なら除去可能

①について
塩を水に溶かす様子を思い浮かべて下さい、溶かす前の粒状の塩は小さくても指で摘む事が出来る大きさです。でも水に溶けてしまうと目で見ることすら出来ない小さなナトリウムイオンと塩素イオンになってしまいます。金属系の物質も水に溶けるとイオンとなります。これは原子1個と同じ大きさですから通常の自然界では一番小さな状態の物質です、水に溶けきれなかった物質は容器の底に沈殿します。

溶ける前の塩の様に粒子の大きな状態の放射性物質なら捕まえられても、イオン化した放射性物質は活性炭や精密濾過膜(家庭用浄水器に使用される中空糸膜)では、ほぼ100%通過してしまいます。

最初に問題となった、東京都の金町浄水場では高度浄水処理で活性炭濾過を行っていますし、当然、擬集沈殿も行っています(この沈殿した汚泥の放射性物質がまた問題となっている訳ですが)。この様にまるで浄水器の様な行程を浄水場で行っているので大きな粒子の不純物が水道管まで流出してしまう可能性は極めて低いと考えられます。

水道水まで残留して問題となっているのはイオン化して小さくなった放射性物質です、これは水に溶けた塩を回収する様な作業になります、活性炭や精密濾過膜の浄水器でイオン化した放射性物質が除去出来るならば、そもそも水道水に残留して問題となる事もありません。

逆浸透膜浄水器はイオン化した物質が持つ+−の電荷に水分子が取り付き(水和)、不純物を取り囲む事で不純物+水分子と構成半径を大きくして不純物イオンを分離して行きます。水に溶ける物質は+又は−に電荷を持ちますので水に溶けやすい物質は逆浸透膜浄水器にとって除去しやすいのが特徴です。

②について
イオン交換樹脂はビーズ状の樹脂表面へ両面テープの様に水中のイオンを吸着します、イオン交換樹脂の表面が不純物で埋まってしまうと吸着する場所が無くなり、フィルターの寿命となります。放射性物質だけを選択的に吸着する事は不可能ですから水道水中の全ての不純物イオンに対して吸着を行うので、1年間使用するフィルターであれば相当な量のイオン交換樹脂が必要になります。一例として逆浸透膜式の浄水器でも、より純度の高い純水を必要とする場合、逆浸透膜の後処理としてイオン交換樹脂フィルターを装備する場合があります。

これは樹脂容量350cc位のフィルターですが、不純物量5ppmの場合で1000リットルの処理能力となります、逆浸透膜通過後の浄水なので5ppmしかありませんが、都市部の水道水は80〜150ppm位の不純物量がありますので、仮に100ppmとすると50リットルしか使用出来ません。一日10リットル使用する家庭で1年間使えるイオン交換樹脂フィルターを造るとすると酸素ボンベ位の容量は必要になりそうです。

もし、活性炭を主体とした浄水器へイオン交換樹脂を添加すれば浄水器の初期性能を高める事は出来ますが、これは消費者の方を欺く行為です。コンパクトな浄水器では1週間位でイオン交換樹脂の性能は極端に落ちてしまうでしょう。耐用期間が1年間のフィルターであれば1年経過後にも使用開始時と同様の性能を維持していなければなりません。
★資料請求・お問い合せの窓口
TEL:0120-583-741 (受付時間:平日09:00〜21:00/土日祝祭日10:00〜17:00)
FAX:043-208-4731 (24時間受付)
資料請求・お問い合せフォームはこちら

トップページへ戻る

逆浸透膜浄水器のアクアカルテック