放射性物質が除去出来る浄水器かどうかを簡単に見分ける方法はありますか?

TOPページ
浄水器設置事例

アクア・カルテック株式会社
【本社】
〒264-0016 千葉県千葉市若葉区大宮町3092-1
TEL:043-209-3741
FAX:043-208-4731
【福岡営業所】
〒811-0214 福岡県福岡市東区和白東3-8-8
TEL:092-606-1919
FAX:092-606-7688


TOP > よくある質問 > 放射性物質が除去出来る浄水器かどうかを簡単に見分ける方法はありますか?

放射性物質が除去出来る浄水器かどうかを簡単に見分ける方法はありますか?



水に溶解してしまった放射性物質を除去できる可能性が有る浄水器なのか?全く除去できない浄水器なのか?について実は簡単な実験で確認する事が出来ます。

ここで除去できる「可能性がある」浄水器と書いたのには理由がありますので、それについては後段に記載しましたので、ご興味の有る方はご確認下さい。

TDSメーターで原水と浄水の不純物濃度を比較すれば、浄水器の性能は一目瞭然、その性能を判定する事が出来ます。

結論としては、浄水のTDSメーターの数値が原水(水道水)より下がらない浄水器は、例えどんなデータを並べ立てようとも、水に溶解してイオン化した放射性物質を除去する能力が無いと言えます。

一方でTDSメーターの数値が下げられる浄水器は水に溶けてイオン化した極小の放射性物質を除去する事が可能です。

こんな簡単に判定が出来てしまう事なのですが、浄水器で放射性物質が除去出来るのか否かについて、あちこちのQ&Aなどを見ても、未だに要領を得ない不確かな回答をよく目にします、その辺が放射性物質を実際には殆ど除去できない浄水器が目くらましに使いながら消費者の方を欺く様な宣伝、販売を行っている原因になっている様に感じられます。

消費者の方が求めている情報は、水に溶解してイオン化している、浄水場では除去できない極小サイズの放射性物質が除去できるかどうかが、真に知りたい情報なのであって、汚染地域の湖沼から採水した水に含まれる大きな粒子(大きなといっても微粒子ですが)の放射性物質が除去できたとか出来ないとかの話とはかなり乖離があります。

更に、そのイオン化した極小サイズの放射性物質が6ヶ月や1年と決められたフィルター寿命の間、継続して除去出来るのかどうかが消費者の方が求めている情報ではないでしょうか。

TDSメーターでは何を計測しているのかというと、それは水の電気抵抗、電気の流れる量です。不純物の無い純水は電気抵抗が高く、殆ど電気を流しませんが、水に溶解した不純物が多くなると、不純物量の増加に伴いより多くの電気が流れる様になります。

水に溶けて小さくなった不純物はイオンとなり+または−の電荷を持って水中に溶けています、この不純物イオンが電気を流す仲立ちをする訳です、放射性物質となったセシウムやストロンチウムなども水に溶ければ当然イオンとなりますから一般的な不純物イオンと同様、TDSメーターの数値にカウントされます。

放射性物質だけを計測している訳ではありませんが、放射性物質が溶けて水道水に含まれているとすればTDSメーターの数値に反映される物質ですので、TDSメーターの数値が下げられない浄水器には水に溶けた放射性物質を除去する能力が無い訳です。

水道水の原料である河川水に、溶けきらない大きな粒子の放射性物質があるとしても、大きな粒子ならば浄水場で殆どが除去されるはずです。問題となるのは浄水場で分離除去出来ない、イオンまで溶解した極小サイズの放射性物質なのです。

TDSメーターは弊社販売価格でも¥5,250−、電池式で何回も測定出来ます、TDSメーターを利用する事により浄水器の除去性能をいつでも確認する事が出来る訳です。一般的には浄水器のフィルターは使用可能期間が決められていますが、使用量は各家庭で異なります、また、同じ水道水でも地域により不純物量は違いますから、フィルターの消耗/耐用期間も当然変わるはずです。

もし放射性物質の不安から浄水器にそれなりのコストを掛けるのであれば、TDSメーターの¥5,250−は決して高額では無いと思います。

TDSメーターの数値を下げられるレベルの除去性能を持った一般的な浄水方式は「逆浸透膜方式」「蒸留式」「イオン交換式」の3通りです。


補足です。
ここ「除去できる可能性がある」と表現した理由をご説明させて頂きます、 放射性物質には実に多くの種類がありまして、原発事故で問題となったヨウ素、セシウム、ストロンチウム、プルトニウムなどはその極一部に過ぎません。

一括りに放射性物質が除去できますと言ってしまうのは問題があります、問題となった物質に限定して述べたとしても、それぞれの放射性物質についての公信力を持った浄水器の除去性能試験データが殆ど存在しません。

通常のヨウ素、セシウムを超純水へ溶かして浄水器の除去性能試験を行えば、放射性ヨウ素、放射性セシウムと同様の結果が得られる事は推測出来ますが、放射性物質を使用した試験データーでは無い、と言われてしまえばそれまでです。

じゃあ汚染地域の湖沼で採水して試験を行ったらどうかとなりますが、これも前に書きましたが、粒子の大きな放射性物質が混ざれば、それは精密濾過膜程度の浄水器でも除去出来てしまいますし、水道水に残留するイオン化した極小の放射性物質の除去とは全く条件が異なってしまう可能性があります。

また放射性物質の中には逆浸透膜や蒸留、イオン交換でも全く除去出来ない物質もあります、水素に中性子が入り込んだ三重水素とも呼ばれるトリチウム、これは自然界で酸素原子と化合して水分子そのものとなってしまうので除去する方法がありません。

放射性物質の除去についてはこの様な問題がありますので、簡単に「除去できます」とは言い難い訳です。

トリチウムは別として多くの元素は水に溶けてイオンとなり電荷を持ちます、これは放射性物質でも変わる事はありません。ならば、電荷を持つイオンの存在量によって計測値が変化するTDSメーターでは放射性物質イオンも含めて、水中のイオンの量を計測していますから、この数値を減少させられる浄水器は水に完全に溶けたイオン性の放射性物質をも除去できる可能性が有ると言えますし、そうならない浄水器は全く可能性が無い訳です。

長文になってしまいましたが、情報をなるべく正確にお伝えしようとすると、多くの言葉が必要としてしまいます、短い言葉で簡単に白黒をハッキリさせられれば簡単なのですが。
★資料請求・お問い合せの窓口
TEL:0120-583-741 (受付時間:平日09:00〜21:00/土日祝祭日10:00〜17:00)
FAX:043-208-4731 (24時間受付)
資料請求・お問い合せフォームはこちら

トップページへ戻る

逆浸透膜浄水器のアクアカルテック