pfos 浄水器


アクアカルテックホームページをご覧頂いている方が、どの様な検索キーワードで辿り着いていらっしゃるのか、ある程度把握する事が出来ます。
最近の検索キーワードで多いのが「pfos 浄水器」です。
pfos=ペルフルオロオクタンスルホン酸 代表的な使用方法は紙や布の撥水加工剤や泡消火剤として使用されてきた様です、同様の物質にpfoa=ペルフルオロオクタン酸があり、これはフライパンのテフロン加工(フッ素樹脂加工)に使用される物質でどちらもWHOなどから人体への危険性が指摘され現在では殆ど使用されていない物質だそうです。

「フッ素除去できる浄水器」などのフッ素関連キーワードで検索されている方もpfosの問題から検索されている方も多いのではないかと推測します。

現在では殆ど使用されていないとされるpfos pfoaなのですが、米軍基地周辺の河川から高濃度に検出される事例があり、その原因は不明とされていますが、
米軍基地内で行われる消火訓練で使用される泡消火剤が周辺河川へ流出したと推測されています。
沖縄米軍基地周辺でpfos
神奈川県米軍基地周辺でpfos

pfosは水道水質基準項目に設定されていませんから水道局でも基本的に検査されないでしょう、水道水は基本的に近くの水源(河川、地下水)から作りますから米軍基地周辺に居を構えていらっしゃる方にとっては不安に思われるのだと思います。

ではpfosやpfoaを逆浸透膜式の浄水器で除去できるのか?弊社ホームページを閲覧される方が知りたい情報です。

残念ながら弊社逆浸透膜浄水器でpfos pfoaの除去性能試験は行っていません。
塩Naclのナトリウムイオン、塩素イオンが逆浸透膜浄水器で除去できるなら分子組成が20以上のpfosも当然除去出来のではとお思いになるかもしれませんが、物理的な大きさだけで一概に判断する事は出来ません。

ただpfos pfoaとも水に対して親和性が高く、水中でアニオン(負の電荷を持つ形態)を取る事から考えると通常の溶解性イオンと同様に逆浸透膜浄水器で除去出来ると推測は立ちます。
また、浄水器メーカーによっては実際にpfosの除去性能試験を行っているところもあり、そのデータを見ると濾材が活性炭フィルターでpfosを殆ど除去している結果を見ると、逆浸透膜浄水器に限らず、浄水器全般についてそれほど除去が難しい物質ではなさそうです。

逆浸透膜式の浄水器は物理的に非常に細かいフィルター(逆浸透膜)で不純物を分離して純水を作る浄水器です、非常に細かいフィルターを更に細かくする為に水に溶けたアニオン(負の電荷を持つ物質)、カチオン(正の電化を持つ物質)に水分子が電気的にくっつく水和の力を利用して不純物を分離します。
逆浸透膜浄水器の分離メカニズム

アクアカルテック・ホームページ

By 
浄水器/アクアカルテック