大腸菌が検出された井戸水にも対応できますか?

対応可能ですがご注意頂きたい点もあります。

大前提として高い除去性能と引き替えに逆浸透膜浄水器は造水速度が遅いので、浄水器でまかなえる水は、ご家族がお口にいれる水、飲料水/調理水(洗米の水等含む)だけです。

逆浸透膜浄水器で家中の水を浄水するには非常に大型の浄水器を必要としますので、一般家庭で考えると費用的に大きな負担になってしまいます。逆浸透膜は大腸菌等の菌類はサイズ的に通しません、しかし飲料水/調理水だけに限定して浄水器を使用すると考えれば、浄水器以外の蛇口からは大腸菌が出ている事になります。

洗面所で歯磨きをする時の水、シャワーやお風呂の水も大腸菌に汚染されている訳ですから、セオリーとしては井戸ポンプに併設して滅菌器を設置し、家全体の水を殺菌して、硝酸や砒素といった汚染物質に対しては逆浸透膜浄水器で除去するのが宜しいと思います。

紫外線フィルター装備の浄水器もご用意しています

滅菌器を使用しない場合、流し台の食器洗いの水から飛んだ飛沫が浄水器の蛇口を逆に伝って浄水器の内部を汚染してしまう事も考えられます。この様なケースをご心配される場合は紫外線フィルターを装備した浄水器、ACRA?645UPをお勧めします。紫外線フィルターは浄水器の蛇口から入り込むバクテリア類に対応する。また長期間使用による逆浸透膜の劣化から出来るピンホールを万一通り抜けてしまったバクテリア類に対応する、これら2通りの意味があります。

ACRA-645UP

浄水器/アクアカルテック